山岡鉄舟「お酒でカンパイ事件」~鉄舟がお酒で完敗した男~ 

 

どーもおがわです。

 

  

鉄舟は無類の酒好きで、おれの師匠という本の中でも「鉄舟と酒」という章が設けられ、いくつかエピソードが紹介されています。

 

 

 たとえば、酒に酔った鉄舟が馬のシッポをつかんで、馬屋から引きづり出した・・・などなど

 

 

その中から、鉄舟の盟友で、同じく大酒豪だった池田徳太郎とのお酒エピソードを今回はご紹介します。

 

 

 

ではでは・・・

 

 

 

おれの師匠―山岡鉄舟先生正伝

おれの師匠―山岡鉄舟先生正伝とは・・・

 

山岡鉄舟の直弟子である「小倉鉄樹」が師の事を語った話を鉄樹の弟子である「石津寛がこれをまとめ、「牛山栄治」が決定本として世に出した鉄舟本です。

 

よく知られているかっこいい鉄舟像だけでなく、思わずクスリと笑ってしまう失敗談なども多く書かれており、人間味あふれる鉄舟を知る事ができます。

 

 

鉄舟ファンにとって垂涎の書とされています。 

 

 

 


お酒カンパイ事件

 

鉄舟はお酒が大好きだったそうです。

 

しかも、かなりの酒豪だったそうです。

 

 

そんな鉄舟も閉口してしまった酒仙、池田徳太郎とのお話が「おれの師匠」の中で紹介されています。

 

 

その名も「お酒乾杯で完敗事件」

 

略して「お酒カンパイ事件」でございます。

 

 

 

   1斗樽(いっとだる)・・・18リットル
   1斗樽(いっとだる)・・・18リットル
  おがわ
  おがわ
「おれの師匠」の中では酒仙 池田徳太郎と書かれています。酒仙とは聞きなれないですが、「非常に酒が好きな人。または、大酒のみ」という意味だそうです。

 

 

これは山岡鉄舟が20代の貧乏時代の頃、池田徳太郎がひょっこり訪ねて来ました。

 

この徳太郎は鉄舟に負けない大酒豪でした。

 

 

 池田は片手に1斗樽を下げています。

 

 

 

  徳太郎
  徳太郎
山岡、今日は少し金がある。ゆっくり呑もう。

  鉄舟
  鉄舟
そうか、しかし酒の肴がないぞ、うちにあるのは菜っ葉ばかりだ。

 

この頃の鉄舟はドのつく貧乏だったので、安くて、たくさんあるので腹の足しになって良いと菜っ葉や大根の茎ばかり食べていました。

 

 

もちろん、徳太郎は鉄舟が貧乏している事は承知済みです。

 

 

 

 

  徳太郎
  徳太郎
おおかたそうだろうと思って、今ここに来がけにソバを注文して来た。

 

 

まもなく、盛ソバが50枚ほど運ばれてきました。

 

鉄舟の貧乏をねぎらう徳太郎の心意気、イキですなー。

 

 

  鉄舟
  鉄舟
ありがてぇ

 

二人は良い気持ちで呑み出しました。

 

 

そして・・・

 

一斗(約18リットル)をたいらげてしまいました。

 

まだ、呑み足りないので、徳太郎が五升(約9リットル)を足しました。

 

 

それはさすがに一升(約1.8リットル)ばかり残してしまいました。

 

 

1人当たり12リットル強の酒を飲んだ計算になります。

 

 

 

  おがわ
  おがわ
(18L+9L-1.8L)÷2人=12.6Lという計算です。二人ともすごい!

 

徳太郎が千鳥足で家に帰った後、鉄舟は少し飲み過ぎたと思いました。

 

 

どうも頭が痛いし、吐き気がします。

 

とうとう鉄舟はその晩、夜通しで苦しみ、一睡もできませんでした。

 

 

 

 

  鉄舟
  鉄舟
俺ですらこんなに苦しんでいるのだから、きっと池田も苦しんでいるに違いない。 あいつが見舞いに来ないうちに、こっちから先を越してやれ。

 

そう思い、鉄舟は夜が明けるのを待って、徳太郎の家に向かいました。

 

 

 

池田の家に着くと、中から何やら徳太郎の奥さんの声がします。

 

 

 

  鉄舟
  鉄舟
池田がこんな早く起きているはずはない。きっと呑み過ぎて苦しんでいるに違いない。ここは一つ元気つけてやろう。

 

そう思い、徳太郎の家に入ると、

 

案の定、徳太郎は布団の上に腹ばいになっており、頭にハチマキをして、奥さんに背中をなでてもらっています。

 

 

鉄舟はそれを見て、うれしくなり

 

 

 

 

  鉄舟
  鉄舟
おい、池田!どうした、苦しいのか。

  徳太郎
  徳太郎
むむ、少し苦しい・・・

  鉄舟
  鉄舟
意気地がねえ、しっかりしろ!

  徳太郎
  徳太郎
お前はどうだ?

  鉄舟
  鉄舟
むろん、平気だ!

  徳太郎
  徳太郎
そうか、そしゃ偉い。俺は昨夜少し飲み過ぎたので、気持ち悪いから、今朝五升(約9リットル)買いにやって、迎え酒をやったところだ。まだいくらか残っているから一杯呑め。

  鉄舟
  鉄舟
ぎゃふん!

 

 

「ぎゃふん!」と言ったかどうかは定かではありませんが(たぶん言っていません)、

 

徳太郎から酒の入った茶碗を差し出された時は、さすがの鉄舟も閉口して、手が出せなかったそうです。

 

酒の強さでは徳太郎に軍配が上がりました。

 

負けず嫌いの鉄舟が負けをきしたのは、後にも先にもこの時だけだそうです。

 

 

前で紹介した「ゆでたまご100個事件」と言い、このエピソードと良い、かっこいいエピソードだけでなく、鉄舟のなんとも人間ください失敗談なども読めるのも、「おれの師匠」という本の魅力です。

 

 

ぜひ、読んでみてくださいね。

 

 

 

 

 

こちらのブログも併せてお読みくださいね

 

画像をクリックしてください↓↓


もし、あなたが合気道に興味をお持ちなら・・・

合心館京都・大阪では一人でも多くの方に合気道を知ってもらいたい!という思いから、無料体験を行っています。

 

 

合心館では誰でも「3回まで無料体験」をしていただけるようにしています。

 

 

 

3回まで体験をした後に、入会をするかどうかはご自身で判断していただけます。

 

無理に入会をすすめる事は絶対にありません。

 

 

あなたがもし、少しでも合気道に興味をお持ちなら、ぜひ合心館の無料体験にお越しくださいね。

 

 

 

↓↓今すぐ、クリックして「無料体験」の詳細をご確認ください↓↓