03日 9月 2020
体験・見学は稽古がある時ならいつでも大歓迎です。 飛び入り参加も大歓迎です。 【注意】 ・土曜日の夜稽古19:00~21:00は段審査に向けての稽古しておりますので、見学のみ可能、体験はできません。 ・谷本館長の指導日は人数が多いので、見学のみ可能、体験はできません。 質問・疑問など、コチラをクリニックして気軽にお問い合わせください↓↓
どうも、おがわです。 今回は・・・ 日本一有名な剣豪である宮本武蔵(みやもとむさし)が晩年書いた日本一有名な武道書「五輪書」の火の巻を簡単に解説したいと思います。 「火の巻」は武蔵の戦術戦略について書かれていて、より実戦的な内容になっています。

どうも、おがわです。 今回は・・・ 日本一有名な剣豪である宮本武蔵(みやもとむさし)が晩年書いた日本一有名な武道書「五輪書」の水の巻を簡単に解説したいと思います。 宮本武蔵の心身の使い方は水を手本にしています。
どうも、おがわです。 今回は・・・ 日本一有名な剣豪である宮本武蔵(みやもとむさし)が晩年書いた日本一有名な武道書「五輪書」の地の巻を簡単に解説したいと思います。 五輪書はそれほど長い本ではないので、ぜひ読んでみてください。

どうも、おがわです。 宮本武蔵は「五輪書」にて13歳~29歳まで60回以上の真剣勝負に全て勝利したと記しています。 今日はその勝負の中から、代表的なものをいくつか分かりやすく紹介したいと思います。 「たった60回か~」くらいに感じてしまったのですが・・・ よくよく考えると、これ現代武道の試合ではなく、命を懸けた真剣での殺し合いですから...
どうも、おがわです。 今回は日本で一番、有名な剣豪である宮本武蔵(みやもとむさし)簡単に分かりやすく紹介したいと思います。 巌流島の戦いなど、武蔵に関わる物語は江戸時代から脚色されて歌舞伎、浄瑠璃、講談などの題材になってきました。...

どうも、おがわです。 今回は「風姿花伝」の内容を簡単のご紹介したいと思います。 「風姿花伝」は世阿弥(ぜあみ)が書き記した能楽の指南書ですが、あらゆる芸事、武道などに通じる内容も多く、現在でも多くの方が愛読書として、その名前を挙げます。...
どうも、おがわです。 武道を稽古するにとって、必読の書いえば、「五輪の書」です。 「五輪の書」は、宮本武蔵の著した兵法になります。 おそらく、武道の古典書としては一番有名なものかもしれません。 もちろん、我々が稽古をする合気道にも通じる教えがたくさんありますので、ぜひ見識を広める上でも読んでいただけたらなーなんて思ったりします。...

おがわです。 今日は、植芝吉祥丸二代目道主のお話・・・ コロナで道場閉鎖中に、コロナ明けにどのように工夫をしていくかを、模索している中で、 様々な先生方の動画を見ていました。 その中で一番よく見ていたのが、二代目道主「植芝吉祥丸(きっしょうまる)」先生の動画です。 恥を忍んで、正直に言うと、...
どうも小川です。 あなたは「真向法(まっこうほう)」という体操をご存知でしょうか? 気功法でも魔貫光殺法でもなく、真向法です。 私が20年来、稽古している合気道の準備体操にも取り入れられてる体操で、健康はもちろん運動能力の向上にも非常に効果のある体操です。...

さらに表示する