内村鑑三「代表的日本人」とは?日本とキリスト教に生涯をささげた男の人生
どーもおがわです。 急速に西洋化が進んだ明治時代に、西洋諸国に日本の思想を伝えた三大名著があります。 1)内村鑑三 代表的日本人 Representative Men of Japan 2)新渡戸稲造 武士道  BUSHIDO The Soul of Japan 3)岡倉天心 茶の本 The Book of Tea 今回は内村鑑三の代表的日本人を簡単にご紹介しますね。
茶の本 第七章「茶の宗匠」を分かりやすく要約 ~茶人の影響と死~
どーも、おがわです。 明治初期に西洋諸国に日本を含む東洋の思想文化のすばらしさを知らしめるために、 岡倉天心が書いた「茶の本」 今回は第七章「茶の宗匠」について、まとめていきますね。 茶の本の最後の章は、茶の匠の生きざまと彼らが日本文化や生活様式に与えた影響について書かれています。...

茶の本 第六章「花」を分かりやすく要約 ~茶と花の関係~
どーも、おがわです。 明治初期に西洋諸国に日本を含む東洋の思想文化のすばらしさを知らしめるために、岡倉天心が書いた「茶の本」 今回は第六章「花」について、まとめていきますね。 茶会で茶室の床の間に飾られ、茶道には欠くことのできない「花」ですが、東洋と西洋の花に対する態度は全く違います。 天心は花に敬意をもたない西洋の態度を、批判します。...
茶の本 第五章「芸術鑑賞」を分かりやすく要約 ~極意は芸術と一体となること~
どーも、おがわです。 明治初期に西洋諸国に日本を含む東洋の思想文化のすばらしさを知らしめるために、 岡倉天心が書いた「茶の本」 今回は第五章「芸術鑑賞」について、まとめていきますね。 この章は天心が考える「芸術鑑賞」の極意について書かれています。 私は合気道は20年以上していますが、なんとなく合気道にも通じる教えだと思います。...

「文武両道」の意味は?本来の意味は文と武は両輪
どーも、おがわです。 「文武両道」な人って、小中学校の時、確かにいましたよね。 私は勉強は少しだけできて、スポーツはからっきしダメでした。 今回は「文武両道」という言葉について、あれこれご紹介いたします。 ではでは
茶の本 第四章「茶室」を分かりやすく要約 ~日常から切り離された聖堂~
どーも、おがわです。 明治初期に西洋諸国に日本を含む東洋の思想文化のすばらしさを知らしめるために、 岡倉天心が書いた「茶の本」 今回は第四章「茶室」について、まとめていきますね。 「茶室」とは、茶道において、客人を招き茶を出してもてなすために造られる部屋のことですが、色々と深い意味やこだわりがあります。...

茶の本 第三章「道教と禅道」を分かりやすく要約 ~茶道に影響を与えた二つの東洋思想~
どーも、おがわです。 明治初期に西洋諸国に日本を含む東洋の思想文化のすばらしさを知らしめるために、 岡倉天心が書いた「茶の本」 今回は第三章「道教と禅道」について、まとめていきますね。 内容が難しくて、読むのがストレスで挫折しかけました💦
「峰打ち」って本当に安心していいの?峰打ちのアレコレを調べてみました。
どーも、おがわです。 男なら一度は言ってみたいですよね。 「峰打ちじゃ 安心せい!」 ってセリフ 憧れますよね。 「フッ!名乗るほどの者じゃぁございません。」 とちょうど同じくらい言いたいセリフです。 でも、こんなこと考えたことないですか? 峰打ちって本当に安心していいのだろうか??...

鎬(しのぎ)
どーもおがわです。 今回は鎬を削るの「しのぎ」についてあれこれ調べていました。 なんか気になったので・・・。 ではでは
鍛錬(たんれん)の意味は?「千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす。」
どーも、おがわです。 武道の世界ではよく「鍛錬(たんれん)」と言います。 鍛錬とはどういう意味なのでしょうか? スポーツでは練習といい、鍛錬と言わないですよね。 仕事などでは、訓練といい、鍛錬とは言いません。 「鍛錬」は練習や訓練とはすこしニュアンスが違うように思います。 というわけで今回は「鍛錬」についてあれこれ調べてみようと思います。...

さらに表示する