胆識(たんしき)とは何か?武道で胆力を鍛え、胆識に至る。

胆識とは?

 

どーも、合気道合心館の小川です。

 

 

皆さんは「胆識(たんしき)」という言葉を聞いた事はありますか?

 

 

 

私は京セラ創業者の稲盛和夫さんの本か何かで初めて知りました。

 

 

「胆識」とは何なのか?

 

どのようにして、「胆識」に至るのか?

 

 

などを簡単にまとめてみようと思います。

 

 

 

 

 

胆識(たんしき)の意味は?

胆識の意味は?

 

 

それでは胆識とはどのような意味なのでしょうか?

 

インターネット上の辞典に書かれている内容をいくつか引用して、ご紹介いたします。

 

 

 

■goo辞典

胆力と見識。実行力を伴う見識。

■Weblio辞書

実践的な判断力や、実行力などを幅広く表す言葉。

■コトバンク

胆力と見識。実行力を伴う見識。

 

 

 

胆力とは実行力を伴う「見識」という事。

 

 

見識は体験や経験の基づく知識で、実際に役立てる事ができる力の事です。

 

 

その見識に胆力が伴う事で「胆識」になります。

 

 

三識(知識・見識・胆識)とは?

知識・見識・胆識
  ※画像はクリックで大きくなります。

 

三識とは「知識、見識、胆識」の事になります。

 

 

知識とは頭で知っているだけの情報の事です。

 

 

しかし、これだけでは不十分で、実生活には役には立ちません。

 

 

その知識を体験や経験と通じて、理解できて初めて実生活で役に立つ見識になります。

 

 

 

しかし「見識」だけでは、厳しい状況の中で、正しい行動につなげる事はできません。

 

 

そこに胆力があって、はじめて正しい行動を実行できるのです。

 

 

 

これを「胆識」と言います。

 

 

 

・見識=知識+経験

 

・胆識=見識+胆力

 

 

 

この胆識の重要性に関しては、安岡正篤先生がよく語られていました。

 

 

 

 

胆識の重要さを説いた安岡正篤(やすおかまさひろ)とは

安岡 正篤 やすおか まさひろ 明治31年大阪市生まれ 大正11年東京帝国大学法学部政治学科卒業 昭和2年(財)金鶏学院、6年日本農士学校を設立、東洋思想の研究と後進の育成に努める。 戦後、24年師友会を設立、政財界のリーダーの啓発・教化に努め、その精神的支柱となる。中でも、昭和の名宰相とされる佐藤栄作首相から、中曽根康弘首相に至るまで、昭和歴代首相の指南役を務め、さらには三菱グループ、東京電力、住友グループ、近鉄グループ等々、昭和を代表する多くの財界人に師と仰がれた。その教えは人物学を中心として、今日なお日本の進むべき方向を示している。58年12月逝去。

 

引用:到知出版社

 

 

 

 

 

 


胆識に深める為に、武道で胆力を練る。

 

見識を「胆識」に高めるためには、胆力が必要になります。

 

 

現在では「胆力」はいわゆる度胸と同義語として、扱われていますが、昔は少しニュアンスが違うように思います。

 

 

物事に動揺しない様を「肚が座る」などと言うように、かつて日本では肚の文化でした。

 

 

武士が自害する時は、一番大切な「肚」を切る切腹という方法が行われていました。

 

武士の子供は勉学だけでなく、剣術修行も行い「肚」を練っていました。

 

 

「肚」という身体を来る事により、精神的な強さにつながるという考えが日本にはあります。

 

 

 

私が稽古している合気道でも、他の武道と同様に肚や丹田を意識し胆力を練ります。

 

合気道を稽古する事により、肚ができて、胆力を練り、「胆識」に至れれば素晴らしいなと思います。

 

 

私は相変わらず、ビビりの心配性&小心者ですから、さらに稽古をして胆力を鍛えないと・・・・。

 

 

 

 

 

もし、あなたが合気道に興味をお持ちなら・・・

 

合心館京都・大阪では一人でも多くの方に合気道を知ってもらいたい!という思いから、無料体験を行っています。

 

 

合心館では誰でも「3回まで無料体験」をしていただけるようにしています。

 

 

 

3回まで体験をした後に、入会をするかどうかはご自身で判断していただけます。

 

無理に入会をすすめる事は絶対にありません。

 

 

あなたがもし、少しでも合気道に興味をお持ちなら、ぜひ合心館の無料体験にお越しくださいね。

 

 

 

↓↓今すぐ、クリックして「無料体験」の詳細をご確認ください↓↓