【合気道指導】紙一重で教える事

合気道 指導

 

どーも、おがわです。

 

 

私の合気道の先生が言われる言葉で

 

 

「紙一重で教える事」

 

と言うのがあります。

 

 

仮に自分が中段者、高段者でも

 

 

5級には自分が4級のつもりで、初段には二段のつもりで・・・

 

相手より少し上のレベルの自分が立ち、稽古をして教えるという事が大切になります。

 

 

相手の少し前に立ち、導いてあげるようにイメージでしょうか。

 

 

 

しかし・・・

 

 

どうしても、私の場合は人に教える時にいい格好をしたいと思う気持ちが、ムクムク出てきてしまいます。

 

 

5級の人が4級のレベルになる事はできませんが、初段の人なら4級のレベルに降りてくる事は可能だと思います。

 

 

会員の事を考えて指導をしているのか?

 

自分が良い格好をしようとして指導をしていないか?

 

 

常に自問自答をして行きたいな~なんて、思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、あなたが合気道に興味をお持ちなら・・・

合心館京都・大阪では一人でも多くの方に合気道を知ってもらいたい!という思いから、無料体験を行っています。

 

 

合心館では誰でも「3回まで無料体験」をしていただけるようにしています。

 

 

 

3回まで体験をした後に、入会をするかどうかはご自身で判断していただけます。

 

無理に入会をすすめる事は絶対にありません。

 

 

あなたがもし、少しでも合気道に興味をお持ちなら、ぜひ合心館の無料体験にお越しくださいね。

 

 

 

↓↓今すぐ、クリックして「無料体験」の詳細をご確認ください↓↓