おがわ道場長の合気道自由研究

小手返し 投げ→極めの解説(初心者向け)
どうも、合心館京都のおがわです。 一部からだけ好評なので、さらに初心者向けの動画を作ってみました。 小手返しで相手を投げて極めに移行するところが、すこしややこしいようです。 ちょっとだけ掘り下げて動画を作成してみました。 参考になればうれしいです。
「技は厳しく、投げは優しく」
どうも、おがわです。 「技に厳しく、投げは優しく」 とは愛媛時代にご縁のあったある合気道の先生から教えていただいた言葉です。 数回教えていただいただけでしたが、この言葉が妙に私の中に残っています。 「技は厳しく、投げは優しく。若い人は技を優しく、投げを厳しくするから、怪我が絶えない・・・」 というような内容だったと思います。。。...

合気道の成長過程を考える①
どうも、おがわです。 合気道は入門したばかりの人も、高段者も同じ稽古をします。 しかし、その稽古の内容は大きく異なるように思います。 どのように成長変化をしていくのか、私の現段階の考えを少しまとめていきたいと思います。
3教の解説 ~3教はいつも逆~(初心者向け)
どうも、合心館京都のおがわです。 一部からだけ好評なので、初心者向けの動画を作ってみました。 技の型を習得する段階では、1教から派生した2~5教の中で、特に3教を覚えるのが難しいようです。

【剣道編】武道の漫画をたくさん紹介します③
どうも、合気道合心館の小川です。 今回も、武道を題材にした漫画をご紹介していこうと思います。 第三回目は「剣道」を題材にした漫画です。
【解説編】兵法家伝書(へいほうかでんしょ)とは?柳生宗矩の「活人剣」の境地とは?
どーも、合気道合心館のおがわです。 「兵法家伝書(へいほうかでんしょ)」をご紹介します。 作者は柳生宗矩(やぎゅうむねのり)です。 宗矩は名僧沢庵と交流のあった剣豪です。 「兵法家伝書(へいほうかでんしょ)」と沢庵の「不動智神妙録(ふどうちしんみょうろく)」はぜひセットで読んでみてくださいね。...

岡田式静坐法
どーも、こんにちは 合気道合心館のおがわです。 今回は私が高校時代に見よう見まねで取り組んでいた岡田式静坐法 その方法と効果を後編ではご紹介しますね。 前編を読んでない方は、前編から読んでくださいね。 ↓↓画像をクリックしてください。
【前編】岡田式静坐法(おかだしきせいざほう)とは!?創設者 聖人岡田虎二郎(おかだとらじろう)とはどんな人物?
どーも、こんにちは 合気道合心館のおがわです。 合気道の稽古では「丹田から力を出す・・・」という説明をします。 丹田はへそから下に三寸(9センチ)くらいのところを指します。 合気道に限らず、武道ではこの部分を重要視します。 なので、そんな感じで説明をしていると、会員さんから 「丹田はどのように作ったら良いのですか?」 と質問されました。...

合気道は大乗武道なのでは?大乗仏教と小乗仏教の違いは?
どーも、合気道合心館の小川です。 私は京都と大阪で合気道の道場を運営していて、よく「合気道は大乗仏教的だな~」と思います。 合気道という武道は、技を掛けるだけではなく、きちんと受け身を取ってくれる人がいないと、良い稽古ができません。 合気道は試合も乱取りもなく、型稽古を繰り返します。...
方便とは!?武道の流派は方便の違い?
こんにちは、合気道合心館の小川です。 「嘘も方便や!」よく言いますが・・・ (よくは言わんか・・・) 方便とはどのような意味なのでしょうか? 方便とはもともとは仏教の言葉のようです。 また、剣術書の「天狗芸術論」の中に方便という言葉は出てきますが、剣術と方便はどのような関係があるのでしょうか? 今回はそのへんをタラタラ書いていくとします。

さらに表示する